小林麻央さんの死に思う

6月23日、小林麻央さんが34歳という若さでこの世を去られました。

仕事中にスマホの通知が光ったので目をやると、通知画面に「小林麻央さんが死去」というワードが出ていました。

2014年に受診した人間ドッグ乳がんが発覚して以来治療をなされていたそうですが、すでに進行していたため、治癒することなく亡くなられたとのことです。

 

 

 

非常にショックでした。昔からニュース番組で活躍されていたり、市川海老蔵さんと結婚されたりと、テレビ越しによく見ることがあって何かと身近に感じることが多い存在だったこともあり、とても他人事のように思うことはできませんでした。

人柄の良さも滲み出ているし、綺麗だし、子供に囲まれて幸せそうなのに、、なんでこんな人が34歳という若さで人生を終えなければいけないのだろう?と心から思わされます。

 

 

 

と同時に、自分や自分の周りの人も、いつ人生を終えてしまうか本当に分からないことを再認識させられました。

明日死ぬかもしれない、今日急に心筋梗塞で倒れて死ぬかもしれない、、、

自分が今この瞬間を生きていられるのって、奇跡なんだということをもっと感じないといけないのかなと思います。

一昨年、私と同い年のいとこが、21歳という若さで亡くなりました。そのときに思ったのが、「今日が最後の日だったら、自分は死んでもいいと言えるか?」を考えて自分の人生を生きなければいけないということ。

 

 

普通に日常を過ごしていたら忘れがちなことだし、社会人になって忙しさに振り回されているとついつい忘れていました。

でもやっぱり、自分の人生は一度きりであり、いつ終わりが来るか分からない。

だったら、自分が少しでもやりたいと思うことをやり続けることが自分にとって一番やるべきことなのではないかと思うのです。

自分の決める道が間違っていても、失敗だったとしても、死んだら全部なくなる。だったら、生きているうちは少しでも自分の内なる声に従うことが一番大事なんじゃないでしょうか。

 

 

 

このブログで幾度となく紹介しているSteve JobsStanford Universityでのスピーチですが、そこでは以下のように、死について語られているパートがあります。

 

 

 

When I was 17, I read a quote that went something like: “If you live each day as if it was your last, someday you’ll most certainly be right.” It made an impression on me, and since then, for the past 33 years, I have looked in the mirror every morning and asked myself: “If today were the last day of my life, would I want to do what I am about to do today?” And whenever the answer has been “No” for too many days in a row, I know I need to change something.

Remembering that I’ll be dead soon is the most important tool I’ve ever encountered to help me make the big choices in life. Because almost everything — all external expectations, all pride, all fear of embarrassment or failure — these things just fall away in the face of death, leaving only what is truly important. Remembering that you are going to die is the best way I know to avoid the trap of thinking you have something to lose. You are already naked. There is no reason not to follow your heart.

 

 

 

 

人間、誰にでも「死」があるからこそ、何かに挑戦することができるのです。もし「死」というものがなければ、人生で失敗して食いっぱぐれてしまったら永遠に辛い思いをして生きていかなければなりません。

でも、実際にはそんなことはない。どんな失敗をしたとしても、死んだら何もかもなくなるんだから、それだったらそんなことを恐れずに自分の成し遂げたいことをやるべきなんだと自分は考えます。

 

 

 

とはいえ、実際自分もまだまだ「失敗」というものについて臆病です。おそらく今日もし死ぬとしたら、やり残したことはたくさんあるし、絶対後悔してしまうでしょう。

でも、小林麻央さんが死去されたニュースを見て、やっぱり死ぬときに1ミリも後悔しない人生を送りたいなと心から再感させられました。

せっかくの人生、自分が死ぬ前に何か大きな爪痕を残してから逝きたいですね。

 

 

小林麻央さんのご冥福を心よりお祈りいたします。

 

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。