思考は現実化する

世間がポケモンやら花火やらで騒いでいる中、今週末はゆっくり本読んで優雅に過ごしておりました。 
こういう休日もいいっすね。
ていうか、こういう休日の方が生産性あって結構好きやったりします。
おっさんですかとか思わんとってくださいね。間違いなくおっさんです。



今日は、タイトル見てまた自己啓発系かよって感じで思った方もいるかもしれませんが、また 自己啓発系の話を書きます。
最近仕事のモチベ上がらんとか思ってる人は是非読んでください。



皆さんが子供の頃って、どんな夢を持っていましたか?
人それぞれ違うにせよ、何かしらの夢を持っていたはずです。
自分も、サッカー選手になりたいとか、大丸の社長になるとか、そういった夢を持っていたものです。


でも歳を重ねていくにつれて、そういった夢は 小さくなってしまう人がほとんどです。


あの時は社長になりたいと思っていたけど、そんなん無理や。現実を見よう。とか、
とりあえず、年収300万円はあるところに就職しよう。とか。。



みんな夢を見るのが馬鹿らしく思えてきて、もっと現実を見て生きていこうとなっていくわけです。
そして、いつか宝くじが当たればなあーとか、楽して稼げる副業があればなーとか下らない妄想をしながら日常の仕事に耐えて生きて行くことになることになるのがほとんどです。
なんかこれって、人生をかなり無駄にしてしまっているというか、生きて行くために仕方なく好きでもない仕事をして人生の大半の時間を費やしてしまうようなことになっちゃいそうな気がするんです。



これって、めっちゃ怖くないですか?ほんで、虚しくないですか?


自分は正直、そんなことに人生の大半を費やすなんて絶対嫌です。
生活には全然困らないくらいの富を持って、好きな時に好きな場所へ行けて、好きなものを食べて、困っている人を助けて色んな人に感謝されるような人生を送りたいって思っています。


おそらく、こんな生活を理想だと思う人って多いんじゃないでしょうか。
じゃあ、こんな理想の生活を手に入れるにはどうすればいいのでしょうか?



答えは、強い願望を持って、行動することです。



これが、タイトルにも書いた、「思考は現実化する」ということ。
どこで見聞きしたか忘れましたが、こんな名言があります。



「人が想像できることは、必ず実現可能である」


そして、それは間違いなく本当だと思います。
歴史上の偉人や成功を収めている人は、確実に普通の人が聞いたら途方もないような夢を持っていた、或いは持っています。もう、2万パーセント。


「成功するためには行動が必要だ」とは言いますが、成功や夢の実現につながる全ての行動には、強い願望が伴っているのです。
つまり、でっかい夢を達成するためには、まず馬鹿正直にでっかい夢を持つことから始めないと話にならないわけです。
ほんで、ほんまにその夢を達成したいと心の底から渇望すれば、かなりの確率でその夢ってものは達成できちゃいます。


自分も最初は絶対無理やと思ってた公認会計士試験合格って夢も達成できたし、450点くらいしかなかったTOEICも1年半で400点近く伸ばすことができました。


鼻くそくらい小さい夢で何を言うてんねんって話ですが、これは夢がでかくなっても同じやと思う訳です。
もちろんでかい夢であればあるほど、達成する確率は低くなるし達成するまでの時間も長くなります。
達成できないってことだって考えられます。


でも、達成できなかったら恥ずかしいとかいう理由ででかい夢を語らないのは、逆にださくないですか?
アホみたいにでかい夢を周りの人に語ることは、自分がその夢を達成する方向に神経を持っていくのにいい方法です。


かつての芸能界での成功者である島田紳助も、とあるテレビ番組でこんなことを言っていました。



「成功する人っていうのはな、自分の達成したい夢とかをもう色んな人に語ってるねん。ほんならな、体中の細胞がその夢を実現するためにその人に働きかけるようになって、それが結果的に成功につながりやするねん。だから、その機能をうまく使いこなすことが大事やな。」


仮に他人に話した夢物語が実現しなかったところで、そんなん誰が気にするんですか?
何人かの人が「あーあいつあんな大口叩いてたのにな」って言う程度ですよ。
そんなん気にしてでかい夢から遠ざかるくらいやったら、でかい夢を持ってそれに向かってめちゃくちゃ頑張るほうが、例えそれが大変なことやったとしても、楽しいしかっこよくないですか?




こんだけ偉そうに言っている自分も、まだまだ世間で言ったら底辺中の底辺。
知名度だってないし財力もない。誰かのためになってやれる程の力もまだない。



でも、自分は、将来何億何十億と稼いで、困っている人に投資したり、ゆっくりビーチで酒を飲んだりしている姿が想像できます。
どっからそんな自信湧き出てくるねんって話ですが、根拠のない自信っちゅうやつです。
こんなほら吹きに付き合ってくれる人、飲みに行きましょう。



結論、人それぞれやりたいこととかなりたい姿は違うと思いますが、どうせやったらでかい夢持って、ポジティブに、明日からも頑張ろうじゃないですかということです。