初めまして。

別に流行りに乗っかた訳じゃないけど、今日からブログを始めたいと思います。
 
 
 
何の思いつきでこんなことを思い立ったのかはさておき、、、とりあえずちょっとだけ読んで見て下さい。
 
 
このブログの目的は、
 
 
世の中に溢れている様々な問題を、みんなが理解できるように分かりやすく説明する
 
 
です。 
 
 
例えば、「昔サブプライムローンで問題になってたけど、そもそもサブプライムローンってなんですか?」って聞かれてパッと具体的に説明できる人っていますか?
 
 
 
おそらく、具体的に言える人はあんまりいないでしょう。
 
 
 
こんな感じで、僕たち若い世代は知らないことが山ほどあります。
ニュースをチェックしている人はあまりいないと思うし、実際読んでても大して思考回路も回転させないまま読んでる人が大半やと思います。 
 
 
なにが言いたいって、世の中で起きてることに関して当事者意識がない人が多すぎるんやと思うんです。
 
 
それを決定的に痛感したのが、前回の総選挙。
この選挙、投票率が過去最低で、52.66%でした。 
まあでもこれはアメリカの大統領選もこんなもんです。 
 
 
知ってほしいのは、20代の投票率
 
 
2012年の衆院選でおける20代の投票率はなんと、、、
 
37.89%!!
 
 
 
なんで投票しないのかと聞くと、「投票したい人がいないから」という回答が一番多いようです。
でも、じゃあお前は投票対象の人、政党をどんだけ知ってんねんって話になりますよね。 
ちゃんと知ってる上で投票に行かないのは全然構わないと思うんですけど、知ろうともせずに行かない理由を立候補者になすりつけるのはなんかちゃうなと。。 
 
 
まあこんな感じで、さっき知らんことが山ほどあるって言ったけど、僕らに若い世代にとって知っておくべき情報って山ほどあると思うんです。
 
 
 
でも、情報を自分から積極的に獲得しに行く人は非常に少ない。
だから、自分が先立って、必要だと思う情報、問題、歴史を誰よりも分かりやすく説明できたらなという考えに至りました。
 
 
 
で、このブログは、ただ単に情報、知識などを説明するもんじゃなくて、読み手の人に「考えさせる」ような内容にしていきたいと思います。 
最近偉い人と話したり本を読んだりする機会が増えてきたのですが、みんな共通して言っていることがあるんです。それが、 
 
 
「自分で考えろ」 
 
 
ということです。 
 
 
競争社会で生き残っていけるのは、自分で考えることができるやつだけだそうです。 
でも、この「考える」っていう行為、簡単そうに見えて実は結構難しい。 
 
 
 
だから、「このブログを読むことで、考える時間を作ることができる!」
って読者に思って貰えるのも、このブログを書く目的のひとつです。 
 
 
僕自身も、記事を書こうとすることでめっちゃ「考える」機会が増えるやろうし、意味のあることやと思ってます。
先々月から15人くらいの人に簿記を教えて、人に教えようとすることが、理解するための一番の近道やってことも改めて痛感しましたし。 
 
 
 
まだこのブログの内容の軸は定まってませんが、池上彰みたいな人を目指して情報発信していくんで、皆さんよろしくお願いします。笑
 
 
 
 
たまに、個人的などうでもいいこととかも書くと思います。
 
 
更新は一応不定期になるとは思いますが、暇な時に読んで頂けたら嬉しいです!!