会計士の気まぐれ日記

ビジネスに関する有益な情報をお届けします。たまに思ったことを徒然なるままに書きます。

DMMがバンクを5億円で売却したのはなぜか??

2017年、DMMが突如として70億円の買収を行ないました。 買収したのは、光本さんが率いる、不用品を即時に現金化できるサービス「キャッシュ」で話題となった「バンク」という会社。 メッセンジャーを通して亀山さんから光本さんへこのように買収を持ちかけた…

アマゾンのキャッシュ・フロー経営

先日、遂にアップルに続いてアマゾンの株価が1兆ドルを突破し、フォーブスの世界長者番付2018でも、アマゾンのCEOであるジェフ・ベゾスが世界一の金持ちとして認定されました。 もはや、日本人でアマゾンを一度も使ったことがない人は珍しいのではないのか?…

RIZAPの決算を分析してみた

先日、細野祐二さんという方の講演に行ってきました。細野さんは、私が会計士試験を終えて間もない頃に読んで感銘を受けた「法定会計学VS粉飾決算」という本の著者であり、これまで日興コーディアルグループやライブドア、オリンパス等の粉飾決算を暴いてこ…

ソフトバンク・ビジョン・ファンドの会計処理

2017年に発足されたソフトバンク・ビジョン・ファンド(以下、SVF)。 孫正義氏が思い描く構想が実現される形で生まれたこのファンドは、サウジアラビア王国のパブリック・インベストメント・ファンドをはじめとする名だたる出資者たちにより生まれたプライ…

マネーフォワードの決算を分析してみた

2017年9月29日、家計簿アプリで有名な「マネーフォワード」が東証マザーズに上場を果たしました。 マネーフォワードは2012年5月に設立された会社なので、設立から5年というかなりのハイスピードでの上場です。この上場時の公募増資によって、マネーフォワー…

メルカリの上場の是非

日本人なら誰でも聞いたことがあるであろう、フリマアプリを展開している「メルカリ」が、東証に上場申請をしたことが先日の日経新聞により報じられました。 www.nikkei.com メルカリは2013年に設立されているため、年内に上場した場合は若干4年での上場とな…

ANAとJALの比較

まず初めに、あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願い致します。 年末年始は、酒を飲みまくり、むしろ普段より疲労がたまったんじゃないかって感じでした。笑 それでも旧友と楽しい時間を過ごせたのはよかったし、ゆっくり読書もできたし、新年…

キーエンスの高利益率の秘密

ぼちぼち上場企業は四半期決算短信を発表していきている頃ですね。僕も、クライアント以外の会社の財務諸表もちらほら興味本位で見ています。 適当に、自分の知っている会社で「この会社って、どんな財務諸表になってるんやろ?」と思ったらそこの会社の財務…

ドイツ銀行はどうなる?

最近、ドイツの最大手銀行であるドイツ銀行が破綻するのではないかという噂がそこらじゅうで流れています。様々なメディアでドイツ銀行がやばい、やばいと囁かれているのですが、本当にドイツ銀行は破綻するのでしょうか?今日はそこを少し考えていきます。 …

ポケモンGoによる任天堂の業績影響

今年7月にリリースされ、今や社会現象と化した「ポケモンGo」。 今回は、このポケモンGoが任天堂株式会社の業績にどのようなインパクトを与えるのかを分析していきたいと思います。 まず、ポケモンGoはアメリカで先行リリースされ、その後日本でリリースされ…