役者は本当に天才だと思ったこと

昨日、修了考査の合格発表がありました。

結果は、、、無事合格していました!

これで晴れて、公認会計士になることができます。会計士の気まぐれ日記とかいうタイトルつけてたくせに、会計士ちゃうかったんかいって思った方、ほんとすいません。笑

それにしても公認会計士を志したのが2012年11月なので、5年ちょいかかってやっとなることができると考えたら、やっぱり嬉しいです。

とはいえここはあくまでスタートでしかないので、これからもっと頑張っていきます。気合いMAX!!

 

 

 

 

 

 

 

さて、先週、日比谷に「東京ミッドタウン日比谷」がオープンしました。

その中に東宝シネマズも入っているのですが、せっかくなので行ってきました。

映画館は実に3年以上ぶりだったのですが、いやーこれがめちゃくちゃ良かった。

 

 

 

鑑賞したのは、今おそらく日本で一番人気絶頂にあるグレイテスト・ショーマン。

P.T.バーナムという、サーカス(ミュージカルともいう?)の土台を作り上げた人物の物語を描いた、ノンフィクション映画です。

 

 

 

この映画がなぜここまで人気なのか。

ちょっと考えてみたのですが、実に色々なことを訴えかけているんですこの映画。

人種差別のことについて、リスクをかけないと成功するのは難しいことについて、冒険する人生の方が楽しいことについて、音楽と踊りの美しさについて、家族の大切さについて、、まだまだ色々あります。

観る人からしたらすごくわかりやすい内容だし、色んな論点に触れながらも上映時間は104分と長くない。これは万人受けして当然だろうなと思いました。

 

 

一風変わった、世間からの嫌われ者を演者として雇ってサーカスをやるのですが、この演者達が一丸となってショーをやっているシーン等、感動場面も結構あるので、かなり見応えを感じることができると思います。

 

 

 

 

 

そんなこんなで、映画館で鑑賞するのやっぱりめちゃくちゃいいなー!と思い、その次の日は1人でレイトショーを観に行くことに。

この日に見たのが、「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」です。

この映画のメインアクターであるゲイリー・オールドマンはアカデミー賞(主演男優賞)を受賞しており、メイク担当である辻一弘氏もメイクアップ&ヘアスタイリング部門で受賞しています。

 

 

いやー、最初これを観る予定はなかったのですが、これがめちゃくちゃよかった。

なんといっても、ウィンストン・チャーチルってこんな面白い男なんだったのかと思わされます。学校の歴史の授業ではなかなか受けることのできない、「インスピレーション」を強烈に受けました。

書店でその辺のリーダーシップ本を購入するよりも、この映画を1本見た方が遥かにリーダーシップのノウハウを吸収することができるのではないかと思います。

 

 

 

内容もさることながら、この映画を観て感動したのが、キャストの方々の演技の上手さです。

全く映画鑑賞家ではない私が言うのもなんですが、役者って本当に天才ですね。

主演男優賞を受賞したゲイリー・オールドマンの演技もそうなのですが、個人的に本当に感動したのがリリー・ジェームズの演技です。

 

 

ウィンストン・チャーチルの新人書記官レイトンを演じているのですが、表情のひとつひとつが本当に演技とは思えないくらい、作品の世界に入り込んでいます。

 

 

 

こんなシーンがあります。

 

 

戦時中の首相といえば絶大な権力を持つ者として世間からは認識されます。

その上チャーチルは気性の荒い性格だったので、レイトンもチャーチルのことを非常に恐れていました。

そんなある日、チャーチルが演説の練習をするためにセリフをレイトンに原稿化させていたのですが、イギリス兵の多くが犠牲となることを承知でドイツの攻撃に対して真っ向から勝負を挑む旨のセリフを言う時、レイトンの原稿をタイピングする手が止まりました。

レイトンの側には写真が置いてあって、チャーチルが「これはボーイフレンドか?」と聞きます。

これに対してレイトンが「いいえ、これは兄です。この戦争で戦死しました」と答えます。

 

 

このとき、レイトンは非常に複雑な感情を抱いているはずです。

チャーチルの言うことには従わなければいけない、しかし、戦争で兄を失った悲しさ、その兄と同じ運命を辿る人が増えてしまうことに繋がる原稿を書くことの無力さ、様々な感情がレイトンに押し寄せているのですが、その複雑な感情を見事に表現していました。

 

 

目線の動き、口元の微妙な震え、非常に細部にわたる表情までを忠実に表現している、、あまりにも素晴らしくて感動のあまり少し涙がでてしまいました。男が1人レイトショーを観て涙するなんて恥ずかしいですが笑

 

 

 

とにかく、2日連続で映画館で映画鑑賞したのなんて人生で初めてでしたが、作品の内容もさることながら、役者の才能にも感動させられました。天才って、こういうことかと。

 

 

 

これからしばらく、映画鑑賞がハマりそうです。

またこんな感動するいい映画に出会えたらいいなと思います。

上記2つの映画はどれも非常にオススメなので、ぜひ一度劇場に足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

 

 

5Gの未来

Newspicksで、こんな記事がピックされていました。

 

newspicks.com

 

最近よく話題に取り上げられる5G。

簡単に言ったら、通信速度や通信による映像とかの解像度が現在の4G回線と比べて飛躍的にアップするというものです。

2020年からこの回線を通じたサービスが普及していくといいますが、これによって世の中がどう変わるのかが気になります。

インターネットの世界が大きく変わるのは間違いないといってもいいような気がします。

 

 

 

よくよく考えると、AppleがiPhoneを発売して以来、スマートフォンが急速に普及し、今や持っていない人の方が珍しいという状態になっていますが、ここまでスマホが普及したのはインターネット回線の進化が大きいと思います。

 

 

 

私も、まだiPhone4くらいのときまでは回線が3Gで通信速度が遅かったため、そこまでスマホ=めちゃくちゃ便利という印象は正直受けませんでした。

多分同じようなことを感じていた人は多くて、結局ガラケーの画面が大きくなっただけで、インターネットをサクサク見ることはできないじゃないかと。そのせいで、スマホの普及率は最初の数年間は比較的緩やかであったように記憶しています。

 

 

逆に、これが4G回線に変わってからガラっと変わりましたよね。

僕もiPhone5に変えて4GのLTE通信を体感したときの感動は今でも忘れません。

そこから動画や写真、SNSから派生した便利なサービスが爆速的に生まれ、同時にスマホの普及率も格段に上がったと思います。

逆に言えば、インスタグラムやYoutubeも4G回線がなければここまで普及はしていなかっただろうと言うことです。

 

 

 

そうなると、5G回線が通ることによって、また新しいサービスが生まれてくると考えられますよね。

上記の記事では、医療現場の常識が変わるのではないかと言われていますが、まさにこのような進化が多方面で発生すると思います。

 

 

 

個人的に、VR市場がもっと普及するようになるんじゃないかと思っています。

一家に一台VRゴーグルが当たり前とか。

今ではあまり考えられませんが、5年後とかにはそれが当たり前になっていてもおかしくないんじゃないかと思っています。

 

 

 

そう考えると、VRを使ったサービスがかなり多く生まれてくるような気がします。

例えばコンサルティング業とかも、VRを使って世界中のどこにいても対面でクライアント対応のようなものができるようになるため、わざわざクライアント先に出向かなくてもよくなります。

また、同じように普及すると思うのが、教育現場におけるVRの活用です。

今も東進衛星予備校とか、通信による教育がだいぶ浸透してきてはいますが、やはりまだまだリアルの塾が多い状態ではあります。

これが、VRの発展によってゴーグルをつけるだけで、リアルで講義を受けることのメリット(例えば臨場感があって集中力が増すとか)が、実際に教室に行かなくても享受することができるようになります。

臨場感がなくてどうしてもだらけてしまいがちなのが、動画講義の欠点なので、そこが補われるようになるとさらに通信教育が普及するのではないでしょうか。

 

 

 

 

仮想通貨の普及もそうですが、2017年からの5年間で世界は大きく変わるような気がします。

なんかめちゃくちゃワクワクしますよね。

自分もこの波に乗って新しいサービスとか生み出していきたいなと思います。あくまで本業に支障がでない程度に。笑

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

仮想通貨バブルは終わったか

2017年末にビットコイン価格は200万円を超え、他の仮想通貨銘柄も正真正銘のバブルの真っ只中で2017年を終えました。

 

 

年が明けてから早くも3ヶ月が過ぎようとしていますが、コインチェック事件をはじめとして仮想通貨関連のニュースについては事欠くことがありません。

では、仮想通貨はバブルを終えてしまったのでしょうか?

すでに仮想通貨でかなり儲けた人、すでに塩漬け状態となってしまっているガチホ勢、これから参入するか迷っている人等、実に様々な人がこの疑問を抱いているものと考えられます。

 

 

実は去年の9月、私はこんな記事を書いています。

 

www.cpayossama.com

 

 

うん、45万円になった段階でバブルであり、そこまで大量の資金をつっこむのは賢明ではないと言っていますね。。。

そこから3ヶ月間で5倍近くまでいったことを考えると、明らかに間違った推測を書いていることは火を見るより明らかです。笑

恥ずかしすぎて消したい。。。

 

 

まあでも、思い返してみれば当たり前のことです。

結局モノの価格っていうのは需要と供給で決まるので、今の価格が高すぎるかどうかを判断するときに重要なのは、「先週から急に2倍になった」等のボラティリティーの大きさではなく、どれくらいの割合の人が買っているか、だということです。

 

f:id:sy-11-8-yossamaaaa:20180330184923p:plain

 

 

9月あたりは私の周りの人も結構買い始めている時期でした。

上図のイノベーター理論の図では、だいたいアーリーアダプターは買っている、というくらいのタイミングでしょうか。

自分が間違えていたのは、アーリーマジョリティーが入ってきた段階で暴落は始まると思い込んでしまっていたことです。

実際には、アーリーマジョリティー寄りのレイトマジョリティーの中が入ってきた段階で強烈なバブルが起きたんだと思います。

だから、結局そこまでは続くということが今回わかりました。

 

 

 

今のタイミングはバブルは終わってしまったのでしょうか?

以前あんな恥ずかしい記事を書いておきながら言うのも癪かもしれませんが、バブル自体は終わったと思っていただいて間違いないと思っています。

推察も含まれていますが、このように言えるのは主に以下の理由からです。

 

 

・市場参加者が損する恐怖を知ってしまい、リスクをとる人が減ってしまった(リスクをとる人がいっぱいいるから、価格は上がる)

・そもそも、大半の人は仮想通貨自体に対する熱が冷めた

・機関投資家も参入してきたことにより、チャートの動きが為替相場のようになり、儲けるためにはショートを組み込んだりする必要性がでてきた

・取引所の事件や国による規制等、ファンダメンタルが不安定であることから、新規参入者が激減した

 

 

 

いずれにせよ、あそこまで加熱する相場は少なくとも10年は来ないでしょう。

あの時期にぼろ儲けすることができなかった自分が悔やまれる。。

投資界においてはやっぱり、まとまった軍資金を持つことがかなり重要だということを再感させられました。笑

 

 

 

まあでも、仮想通貨バブルが終わったからって、仮想通貨自体が終わったとかは全くないと思います。

むしろ、みんな投機目的ではなく、本当の実用性を重視するフェーズに入ってきていると。

まあ、この言葉は佐藤航陽さんのツイートをほぼぱくってしまっていますが、正にその通りですね。

 

 

 

 

投機で大儲けをするチャンスは減ってしまいましたが、逆に事業で成功できる可能性は高まったと思うと、後悔している場合じゃありませんね。笑

私も、このブログ含めいろいろ全力コミットしていきたいと思います!

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。